​居住支援法人とは?

平成29年10 月 25 日に施行され、 高齢者、低所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度など、民間賃貸住宅や空き家を活用した「新たな住宅セーフティネット制度」が本格的に始まったことにあわせて、国土交通省が活動に要する費用の一部を補助する事業

目的

住宅確保要配慮者(低所得者、被災者、高齢者、障害者、子どもを養育する者、その他住宅の確保に特に配慮を要する 者)の民間賃貸住宅(住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅等)への円滑な入居を促進するため、居住支援法人による 住宅確保要配慮者の入居円滑化の取組み等を支援する。

概要

住宅セーフティネット法に基づき居住支援を行う 法人として都道府県が指定

(1)指定される法人 ・ NPO法人、一般社団法人、一般財団法人 (公益社団法人、財団法人を含む) ・ 社会福祉法人 ・居住支援を目的とする会社 等

(2)居住支援法人の行う業務

① 登録住宅の入居者への家賃債務保証

② 住宅相談など賃貸住宅への円滑な入居に係る 情報提供・相談

③ 見守りなど要配慮者への生活支援

④ ①~③に附帯する業務

※必ずしも①~④のすべての業務を行わなければ ならないものではない。

国土交通省「居住支援法人活動支援事業の概要」より引用